HOME>注目記事>ゲームデザイナーになりたいなら専門学校で勉強を

スキルがあることを証明できる容易なろう

ゲーム機

ゲームデザイナーになるには、プログラミングができたり絵を描けたりするなど、何かしらのスキルが必要になります。頭の中に凄いゲームの構想があったしても、簡単になれるものではないので勉強をすることをおすすめします。なお、絵やプログラムの勉強は、独学でも行うことができますが、就職のことを考えるのならおすすめしません。それは、ゲーム会社では戦力なる方を募集しているため、専門的な勉強をした証拠がある方を優先して採用するからです。独学でスキルを学ぶためにも専門的な勉強をする必要がありますが、一人でやっているのでスキルを得た証拠を残すのは難しいです。しかし、専門学校に通って習うのなら、学歴として残るため知識があることを簡単に証明できます。

ゲーム用コースで勉強しよう

描く人

専門学校を利用してゲームデザイナーになるには、ゲーム用のコースが用意されているところでなければいけません。そちらならば、家庭用ゲーム機はもちろん、パソコンやスマートフォンでゲームを作る場合の知識もしっかり得られます。最近では家庭用ゲーム機向けではないタイトルを作るゲーム会社も多いので、専門学校の知識はあらゆる分野で役に立つといえるでしょう。どのようなカリキュラムが用意されているのかは、ゲーム用コースがある専門学校のパンフレットを取り寄せればすぐに分かります。

コネも大切

ペンタブレット

自分の思い通りのゲームを作れるゲームデザイナーになるには、ゲーム会社とのコネも重要になっていきます。大きなゲーム会社ほど、さまざまなジャンルのタイトルを販売しているので、自分の好きなタイプのゲームに関われる可能性が高くなるからです。しかし、個人でゲーム会社とのコネを持っている方は少ないでしょうから、専門学校の利用をおすすめするのです。専門学校なら各ゲーム会社とのコネを持っているので、数多く選択肢の中から自分の望み通りのところに就職できる可能性が高まるでしょう。

広告募集中